HOMEつづき歴史散歩道検索
このコーナーは、皆さんが作っていくコーナーです。「つづきの歴史」に関係することなら何でも投稿して下さい
名前
題名

内容
画像1
画像2
画像3
画像4
修正キー (英数8文字以内)

 華蔵台(けしょうだい)遺跡    星の王子  2023年4月18日(火) 13:00
修正
華蔵台(けしょうだい)遺跡
港北ニュータウン開発に伴って1973年(昭和48年)〜1975年(昭和50年)、
1978年(昭和53年)〜1979年(昭和54年)に発掘された縄文時代後期から晩期の遺跡。

縄文時代後期〜晩期の竪穴住居跡48軒、後期の掘立柱建物跡8棟、早期の土坑(落し穴)6基、後期〜晩期の土坑(墓壙)90基、後期〜晩期の貯蔵穴14基、後期の土器捨て場3か所、古墳〜奈良時代の竪穴住居跡2軒、掘立柱建物跡3棟、溝状遺構2条が検出され、鶴見川流域の縄文時代後期中葉から晩期中葉の集落の構造と変遷が明らかになった遺跡です。
現在の住所で言うと横浜市都筑区荏田南五丁目10付近(旧緑区荏田町3,604〜3,615番地付近)になります。

事業報告(調査1係)
http://www.rekihaku.city.yokohama.jp/maibun/mb05/mb051/chos1.html

2013年7月6日(土)  作成

 花見山遺跡    星の王子  2023年4月18日(火) 12:53
修正
花見山遺跡は昭和52年(1977年)9月、横浜市の港北ニュータウンの開発に伴う遺跡調査で発掘された遺跡です。縄文草創期(約1万2千年前)の遺跡で全国屈指のものです。
隆線文土器片と住居跡と思われる遺構が見つかった。

遺跡の名は、かつてここに花見山(はなみやま)という丘があったことからきています。また、すぐ隣に見花山(けんかやま)という丘があった。川和高校の東の都筑区見花山15丁目〜35丁目付近に遺跡があった。見花山(けんかやま)遺跡は現在見花山かりん公園(みはなやま)となっています。

けんかやまの由来はなんでも、そのあたりに複数の村の入会地があって所有権をめぐるトラブルが相次いだことから名付けられたのだとか。
花見山遺跡から出土した?髏?文土器の破片は1,420点を数え、120個体に達する大量出土であった。
ほかに有舌尖頭器54点、木の葉型尖頭器33点など縄文草創期を立証する
石器も数多く出土しています。出土物は横浜市歴史博物館に常設展示されています。

横浜市歴史博物館 収蔵資料・市域文化財検索
http://www.rekihaku.city.yokohama.jp/yhm_publicc/yhm.html
花見山遺跡縄文時代草創期出土品で検索すると写真を見ることが出来ます。

2013年7月6日(土)  作成


 都筑郡衙の模型     ふくちゃん   2023年4月18日(火) 12:50
修正
横浜歴史博物館に模型が展示されています。
現在の地形と比べて、東名高速がどこを走っているかをみると面白いです。

また最近、郡衙(ぐんが)を郡家(ぐうけ)ということが多くなってきたように感じます。
http://www.rekihaku.city.yokohama.jp/news/news16-6-2.html

2013年7月6日(土)  作成

 長者原遺跡(都筑郡衙)      星の王子  2023年4月18日(火) 12:47
修正
8世紀頃にあった武蔵国都筑郡の郡衙跡(郡衙が機能していた時期は不明)。
土地区画整理事業にともなって昭和54年~56年に発掘調査が行われた。
現在荏田猿田公園と東名高速道路を含む200×200メートル範囲。
この遺跡は東名高速道路の建設に伴って発見されたが、本格的調査はされていなかった。
中央部分は東名高速によって破壊されてしまった。

出土品から武蔵の国、都筑郡、郡衙があったことがわかった。
発掘調査後埋め戻されて荏田猿田公園(横浜市青葉区荏田西1丁目)となっている。
遺跡を示す案内版だけがある。出土した遺物や遺跡の復元模型が横浜市立博物館に展示されている。
隣接して大山街道(246号)が走っている。律令時代も主要な交通路として機能していたのだろう。
また近くに江田城跡(鎌倉時代初期江田源三で知られる)もある。

2013年7月6日(土) 作成

 芭蕉の句碑を訪ねて  濱ちゃん  2023年4月18日(火) 12:42
修正
都筑区内にある「松尾芭蕉」の句碑を訪ねて

”うき我をさひしからせよかんこ鳥”

◇出典は『嵯峨日記』
元禄4年(1691年)4月22日、芭蕉48歳の句。
句の意味は、「閑古鳥よ、その寂しい鳴き声で世をつらく思う孤独な私を 寂しがらせてくれ、その寂しさの中に浸りたいのだ。」

元禄4年4月22日、京都嵯峨の去来の別荘「落柿舎」での句。「閑古鳥」は初夏のころ山深いところで鳴く。
季語は「閑古鳥」で、季は夏。閑古鳥 は郭公(かっこう)の異称。

 *句意など参考は学研全訳古語辞典 より  
 初案は「うきわれをさびしがらせよ秋の寺」。
 2年後に推敲され「秋の寺」を「かんこ鳥」とした。

◇天宗寺(句碑があるお寺)
天文8年(1539年)、創建  浄土宗
神奈川県横浜市都筑区川和町1694番地
交通:市営地下鉄グリーンライン「川和町駅」徒歩約7分
*横浜市都筑区川和町にあり、本堂に向かう階段を上りすぐ右手に芭蕉の 句碑がある。
(4月現在、句碑は半分ほど植木の陰に隠れている)

2013年4月16日(火) 作成

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44  過去ログ全 224件 [管理]
CGI-design