つづき交流ステーションへ戻る

杉山神社(中川)

杉山神社
横浜市都筑区中川7-1-1

御祭神 日本武尊  ( やまとたけるのみこと )
五十猛命

祭礼
10月15日 例大祭(れいたいさい)
[秋祭り (あきまつり)]

由緒 (碑文より)
横浜市は昭和四十年二月、六大事業の一つとして「横浜国際港都建設事業 横浜北部新都市土地区画整理事業」を発表。同四十九年建設大臣の事業許可 横浜市高速三号線の免許取得。着工に至る。

杉山神社は中川町一〇八四番地から同町七五七番の元吾妻社の弥地へ五十八年十一月三十日仮社殿を設けここに鎮座し、元旦祭、大祭は此処で執行された。換地も間近く建設委員会の結成に着手 資金計画に入る。移転補償金と寄附金を念頭においたが、神社地の一部八〇坪を売却し基金とすることに結し、その承認を神社本庁に申請し、同時に社殿 社務所 鳥居等の新築 改築 移築をも承認された。

平成四年四月 中川町一一九四番地に仮換地指定され社殿は木造と結び翌六年九月竣工し 同十月十三日祭神勧請と配神遷座式を行い社務所 鳥居附属建物 植栽等の完成を待ち平成七年十月十五日遷宮式典と落慶祝賀に及ぶ。

御霊璽については杉山神社と最も由緒深いとされている和歌山県の伊太祁曽神社へ赴き親しく御分霊を受け五十猛命の霊璽を拝受し御主祁神日本武尊と並び崇め祭る。

トイレなし

交通
横浜市営地下鉄センター北駅徒歩5分

 

hokubu0136 hokubu0137 hokubu0138 hokubu0140 hokubu0143 hokubu0144 hokubu0145



2004-2016 Copyright(c) つづき交流ステーション All Rights Reserved