記事一覧

ゴールドのロレックスに受け継がれるサンダーバーズ パイロットのレガシー

貴重な裏話があるハーマン・グリフィン大尉の唯一無二のロレックスが今、売りに出されている。

全ての時計は物語の器だ。シンプルな刻印にも、それを明らかにする一つのカギが隠れている。常に裏蓋を読むべきである。

 ヘリテージ・オークションに最近出品されたロレックスのRef.6605を見てみよう。18金無垢製ケースの外径は34mm。古びたマットホワイトダイヤルの6時位置には、サンダーバードを表現したエンブレムがあしらわれている。サンダーバードとは、北米各地の先住アメリカ人部族の口承伝承や文献によって伝えられてきた神鳥のことだ。その鳥は、目から稲妻の光を放ち、翼からも雷光がはじけるという。

 この腕時計を裏返すと、さらに興味深い仕掛けがある。“Herman E. Griffin, The Thunderbirds”の文字が裏蓋に刻み込まれているのだ。

图片描述

ハーマン・グリフィン大尉はアメリカ空軍の将校であり、空軍フライトデモンストレーションチーム、サンダーバーズのパイロットだった。彼は1958年から60年まで所属。当時はロレックスが、慣例として各パイロットに腕時計を提供していた。その時計は金無垢製の場合もあり、ダイヤルにはフライトチームのエンブレムがあしらわれていたのだ。こうしたモデルはこれまでにも何度か競売にかけられてきたが、このサンプルが他と違うのは、リファレンス が、クリスティーズ、フィリップス、サザビーズの各オークションでここ数年売られてきたような“ターノグラフ”タイプのRef.6609ではなく、デイトジャストのRef.6606だということだ。

 サンダードのエンブレム付きのリファレンスは、いずれも非常に価値のあるヴィンテージロレックスだが、それには理由がある。それは、ロレックスの腕時計が飛行の限界を超えようとして日々、自らの命を危険にさらしてきた人々によって支持されていた時代の名残だからだ。1956年に創設されたサンダーバーズは、初の超音速戦闘機であるF-100Cスーパーセイバーで空を飛んだ。これにより、メンバーたちは世界初の超音速機デモンストレーションチームとなった。グリフィン大尉もその一人だったのだ。

图片描述

47年に、チャック・イエーガーはベルX-1に乗り込んで時速662マイルを記録し、初めて音速を超えたことで一躍、時の人となっていた。それから10年もたたないうちに、サンダーバーズは週次デモンストレーション中に音速の壁を破り、世界中の人々を驚かせた。音速以下のスピードで、この飛行機は互いに10フィートも離れず、ぎりぎりのフォーメンションを組んで編隊飛行した。現在、米空軍サンダーバーズの報告書によると「アメリカの全50州と57の諸外国の計2億8000万人以上が、3500回以上のフライトデモンストレーションでこの赤、白、青のサンダーバーズのジェット機を目にしている」という。

ロレックス サンダーバードと愛称のもとになったフライトデモンストレーションチーム

1950年代初頭、アメリカは、ソニックブーム級の大げさな声明文を載せた新兵募集広告によって、新たに見出した軍事的地位をアピールしようと躍起になっていた。1953年6月1日、サンダーバーズはアリゾナ州ルーク空軍基地で始動し、F-84G サンダージェットとF-84F サンダーストリークに乗り込んで空を飛んだ。このF-84のプラットフォームは、サンダーバードが誕生したのと同じ年に終結した朝鮮戦争での役割を称えられていた。チームの目標は国民の間で米空軍への信頼を醸成し、将来と現在の空軍兵を集め、保持するとともに「国外におけるアメリカのプロフェッショナリズムと友好心を積極的に表明」しつつ、「国外の米空軍構成員たちの士気と団結心を高めること」であった。下の動画の4:00から、グリフィン大尉が仲間のサンダーバーズパイロットと雑談している様子が映っている。

音速の壁を破り、世界各地で国を防衛していた素晴らしい飛行機を一般の人々が最前列で見たのは、これが歴史上初めてのことだった。サンダーバーズは人々の想像力をかきたてる象徴的存在となり、魅惑的なターボジェット音と正確無比な操縦術を体感しようとする群衆を引き寄せた。1956年、サンダーバーズは活動範囲を広げ、グリフィンが操縦した超音速プラットフォームであるF-100スーパーセイバーの出動を支援すべくネリス空軍基地に移った。この新しいジェット戦闘機は、以前のF-84よりもはるかに速く、エンジン音も大きく、より攻撃的なスウェプトウィング(掃射翼)の設計になっていた。

パルミジャーニ・フルリエの新CEOグイド・テレーニが考えるブランドの価値

ブルガリ時計部門のトップを務めた人物が見出す、修復を手掛ける時計ブランドの真の価値とは?

HODINKEE読者であればご存知の方も多いだろうが、 パルミジャーニ・フルリエの新たなCEOに就任したグイド・テレーニという人物は、以前ブルガリの時計部門トップを務めた大物である。ウォッチメーカーとしてのブルガリを確立した立役者であり、それだけに今回の転身には業界関係者が騒然とした。一大メゾンからコアなハイエンドウォッチメイキングを続ける独立系ブランドへ。まったく特性の異なるフィールドを選び、何を思うのか尋ねた。

图片描述

関口 優(以下、関口)
 パルミジャーニ・フルリエというブランドについて、参画される前と後で抱いた印象を教えて下さい。

グイド・テレーニ氏(以下、グイド)
 私は25年間この時計の世界にいますが、 パルミジャーニ・フルリエの時計づくりにはとても関心をもっていました。そして、いざ内部に入ると、その技術力の高さに驚き、根底にある「修復(レストレーション)」(編注※ブランドの創設者であるミシェル・パルミジャーニは、修復師としてそのキャリアの大半を歩み、このブランドも時計修復事業からスタートしている)というものがどういったものなのか、理解したのです。修復という仕事には、クラフツマンシップやウォッチメイキングにまつわるスキルなどのすべてが詰まっています。例えば、30年代の時計のオリジナルのネジが無くなってしまった場合、長い時間をかけて代わりのものを作りだします。ミスは許されないという世界です。間違いを犯してしまうと修復が価値のないものになり、ブランドの魂に関わってしまいます。

関口
 設計図もないようなものを、その時計に合わせてパーツを作り出すわけですね。技術力はもとより、創造性が求められそうです。

グイド
 まさにそうです。この作業には、アートのような部分があります。私は、生きる伝説ともいえるミシェル・パルミジャーニ氏に会い、ともに過ごすことで深い感銘を受けました。彼がやってきたことは、手元にあるものに魂や技術のすべてを注ぎ込んで、未来を与えるという仕事です。つまり、オリジナルのクリエイションを修復するということで、修復師本人は自分自身を隠す必要があります。それは俳優のように、歴史上の人物を演じるようなもので、機械式時計づくりにおいては難しいことといえます。こういった、パルミジャーニ・フルリエの価値を最大化し、エンドカスタマーに可視化できるようにすることが私の課題です。

图片描述

関口
 エンドカスタマーをリードするには、どういったアプローチが必要だと思いますか?

グイド
 世界は急速にそのスピードを増しています。デジタライゼーションによって、パッションのある人はより情報を求めるようになっていますが、彼らに対して深く知ってもらえるようなコミュニケーションが必要だと考えています。SNSでのタッチポイントも大切だとは思いますが、エデュケーションの機会を生み出して、ブランドがもつ真の価値というものを伝えていくことが重要ですね。

関口
 グイドさんが思う、パルミジャーニ・フルリエの具体的な価値はどんなところでしょうか?

グイド
 昨年、ユネスコ(UNESCO/国際連合教育科学文化機関)無形文化遺産に認定した、技術力そのものがパルミジャーニ・フルリエというブランドです。私は前のブランドで、パルミジャーニ傘下にあるサプライヤーにクライアントの立場として関わっていたが、その仕上げのレベルに驚き、尊敬していました。こうした企業が傘下にあることは幸運です。プロトタイプひとつ作るのにも、ものすごくクイックにできるのです。

関口
 時計製作のスピードが、他のブランドと比べて早いということでしょうか?

グイド
 とても早いと思います。当初は、ミシェルさんひとりでスタートしたブランドですが、今は傘下のヴォーシェ・マニュファクチュールや他のメーカーとともに作り上げることででき、かなり強固な基盤となっているといっていいでしょう。ケースメーカーであるレ・アルティザン・ボワティエ(LAB)などにも訪問しましたが、ラ・ショー・ド・フォンの工房と、ダイヤルやあらゆるサプライヤーが一丸となっており、パーツが揃うスピードが段違いです。通常は、サプライヤーに発注したパーツが揃うのを待つことに時間がかかり、そこからプロトタイプを組み上げるのですから。時計のデザインをして技術的な設計を行い、ケースやダイヤルのすべてが一箇所に集約されている状態は、商品を進化させるためにこの上ない環境といえます。

【勢力を拡大するフランス時計の注目株!?】ポストモダンの建築物からインスパイア、独立系ブランド“ニューカール”が面白い。

フランスブランドならではの美意識が光る日本未上陸の独立系ブランド

Neucarl(ニューカール)は、デザインを通してポジティブな感情を呼び起こす時計を作ることに情熱を注いでいる、フランスの独立系時計ブランドだ。起業家であると同時にデザイン、現代アート、建築に造詣が深いフランソワ・カーリエによって設立され、クラウド・ファウンディングの支援により、2020年に最初のコレクション“Sept Mai(セプト マイ)”を発表して本格的に時計ブランドとして活動を開始している。

图片描述

カーリエは当初から、“数多くのマイクロウオッチブランドが採用している標準的な時計のデザインは使いたくない”、という意思があり、“セプト マイ”でも強いアイデンティティとユニークなキャラクターを時計のデザインとして具現化している。

图片描述

そのフォルムは、流れるようなラインと軽やかなデザインで構成されているが、これはポストモダン建築からインスピレーションを得たもので、ケース自体のデザインは、伝統的な角度を避け、伝統的なデザインの常識を打ち破ってダイナミズムを表現している。

セプト マイ ファウンダーズエディション

ポスト・アール・デコの時代から1960年代〜70年代にかけてのプロダクトデザインや、ポストモダンの建築からインスピレーションを得たファーストコレクション。全体的に伸びやかなラインを持つ流線型のデザインを採用し、文字盤は流線型のケースとは対照的に直線を取り入れたシンメトリーデザインを採用。ミニマリズムとは対照的に、立体的で繊細なディテールが施されており、時計愛好家も堪能できる洗練された製品に仕上がっている。

图片描述

【関連記事】:芸能人も愛用している遊び心のある腕時計—セイコー

父の日のプレゼントにブランド腕時計を贈った人の体験談

ベストプレゼント編集部が「父の日のプレゼントに腕時計をプレゼントしたことがある人」に「実際の体験談」について2021年6月にアンケート調査実施しました。


SEIKO(セイコー)の腕時計をプレゼントしました。

图片描述

セイコー ブライツ SDGM003 新品 腕時計 メンズ

品名ブライツ
Brightz
型番Ref.SDGM003
素材ケースステンレススチール
ベルトステンレススチール
ダイアルカラーブラック
ムーブメント自動巻き
Cal.6R15ムーブメント
防水性能100m防水防水性能
サイズケース:40.5 mm(リューズ除く)
メンズサイズ
ガラスその他
仕様日付表示
付属品セイコー純正箱付・国際保証書付
2021年新作 正規品 自動巻き(手巻き付き)・キャリバー6R15搭載。スーパークリア コーティング スクリューバック シースルーバック 

父の日には、父親らしい大人の腕時計を選んで喜んでもらいましょう!

腕時計は安価なものから高価なものまで価格に差のあるアイテムですが、使うシーンを選べば予算の範囲内で喜んでもらえるものを購入できます。予算の範囲内で父親の性格やスタイルにぴったりの腕時計を選んでみてください。

今年オリスから待望の新作が発表されました。

オリス BC4 ブルーイーグルス 653.7631.4684D 新品送料無料メンズ

图片描述

品名 BC4 ブルーイーグルス
BC4 Blue Eagles Limited Edition
型番 653.7631.4684D
素材 ケース ステンレススチール
ベルト --
ダイアルカラー ブラック
ムーブメント 自動巻き
防水性能 100m防水
サイズ ケース:45 mm(リューズ除く)
メンズサイズ
ガラス サファイヤクリスタル風防
仕様 回転ベゼル 日付表示 スモールセコンド
付属品 オリス純正箱付・国際保証書付
英国王室陸軍所属の、ヘリコプターアエロバティックチーム「ブルーイーグルス」創立40周年記念モデル 世界1969本限定(ケースサイドにエディションナンバーの刻印あり) BC4シリーズ初の45mmケース ベゼルとケースバックには、ブラックDLC加工が施されています

【日本限定のスペシャルセット】“ティソ シースター 1000 オートマティック“から、グリーン文字盤を採用した新作が登場

图片描述

 創業167年の歴史をもつ“TISSOT(ティソ)”を代表するダイバーズウオッチ、“Tissot Seastar 1000 Automatic(ティソ シースター 1000 オートマティック)”の日本限定セットが販売される。

 ブランドのなかでも、スッキリとしたエレガントなデザインで特に人気の高いラインである、ティソ シースター 1000 オートマティック。日本限定セットはそんな同コレクションを、シーンを問わず着用できるブレスレットと、これからの季節に嬉しいラバーベルトをケースに収めた特別なセットで販売。

 文字盤カラーは、現在トレンドから定番色に変わりつつある深いグリーングラデーションを採用した。

 もちろんコレクションの強みである、30気圧という高い防水性能、ネジ込み式リューズ&ケースバック構造、そして耐傷性に優れたセラミック素材を採用した逆回転防止ベゼルを装備。ダイバーズウオッチとしての本格仕様に、シティスタイルに溶け込むエレガントなデザインが、世界中で人気を博している。

 日本限定セットはティソ直営ブティック、および公式オンラインストアのみでの販売となるため、気になる方は早めにチェックしよう。

今回も前回に引き続いて、価格帯別におすすめの腕時計を選んでいきたいと思います。

オーデマ ピゲ CODE 11.59 バイ オーデマ 26399BC.OO.D321CR.01 ピゲ フライング トゥールビヨン クロノグラフ

图片描述
图片描述
图片描述

品番:26399BC.OO.D321CR.01
・ケース:
18Kホワイトゴールドケース
両面反射防止加工サファイアクリスタルガラス製風防とケースバック
・ケース幅:41 mm
・防水性:30 m
・ケースの厚さ:13.75 mm
・文字盤:
ブルーラッカーのインナーベゼル
オープンワークダイヤル
18Kホワイトゴールド針
・ブレスレット:
ハンドステッチ
「大きな竹班」入りブルーアリゲーターストラップ
18KホワイトゴールドAPフォールディングバックル

キャリバー
・自動巻き キャリバー2952
・バランスホイールの振動数:3 Hz (21,600振動/時)
・機能:フライング トゥールビヨン、クロノグラフフライバック、時、分、センターセコンド

時計ファンにはおなじみのブランドですが、これら名前の由来や意味を知っている方は少ないのではないでしょうか。

2021年 ヴァシュロン・コンスタンタン新作 エジェリー・ムーンフェイズ 8005F/120A-B497

图片描述

エジェリー・ムーンフェイズ
Ref:8005F/120A-B497
ケース径:37.00mm
ケース厚:10.08mm
ケース素材:ステンレススティール、ベゼルに58個のラウンドカット・ダイヤモンド(約1.00CT)、リュウズにムーンストーン
防水性:3気圧(約30m)
ストラップ:ステンレススティール・ブレスレット、ステンレススティール製プッシュボタン付き3つ折りフォールディングクラスプ
ムーブメント:自動巻き(マニュファクチュール・ムーブメント)、Cal.1088 L、約40時間パワーリザーブ、毎時28,800振動、26石
仕様:時・分・センターセコンドによる秒表示、ムーンフェイズ、サファイアクリスタルのシースルーケースバック、シルバーオパーリン製タペストリー技法による“プリーツ”模様文字盤、18K(5N)ピンクゴールド/18Kホワイトゴールドのリングに36個のラウンドカット・ダイヤモンド(約0.10CT)サークルを成す“パール”状の分目盛り、マザーオブパールの雲の真下に18Kゴールド製の月

ボーム&メルシエがリビエラウォッチシリーズを復活

アップロードファイル 3-1.jpgアップロードファイル 3-2.jpg

統合ブレスレットスポーツウォッチカテゴリーは、過去数年間、時計製造で最もホットな市場セグメントの1つであり、2021年には、このトレンドが市場のより手頃なセクターへの広がりを加速させてきました。現在のリバイバルはこの拡大するセグメントの最新の例ですが、ボーム&メルシエリビエラは、1973年にさかのぼるブランドの深い遺産を持つラインです。オリジナルのリビエラは、ジャンルを定義するオーデマピゲのわずか1年後に発売されましたロイヤルオークは、このスタイルの創設の先駆者であり、ブランドの2021年の復活は、さまざまな文字盤とムーブメントのオプションで70年代初頭の精神の一部を捉えるように見えます。トレンドのスポーティな外観、多様なカスタマイズオプション、そして堅実な競争力のある価格で、新しいボーム&メルシエリビエラシリーズは、時計市場のこの人気のあるコーナーで大胆な新しい候補として立っています。

ボーム&メルシエリビエララインの42mmステンレススチールケースは、クラシックな統合スポーツウォッチキューに少し柔らかく、より丸みを帯びたアプローチを採用し、下向きの統合ラグと湾曲した統合センターリンクへのスムーズな移行を実現します。 1973年のオリジナルと同様に、新しいリビエラシリーズは、4本の六角ネジでアクセントを付けたブラシ仕上げと研磨面を組み合わせた12面ベゼルを備えています。王冠はこの角張ったモチーフを8面の形で引き継いでいますが、この様式化された形はグリップに影響を与える可能性があります。社内のバウマティックムーブメントを装備したバリエーションの購入者は、リビエラにブラックのDLC仕上げを施して、アグレッシブでモダンな外観にすることもできます。スポーツのテーマに沿って、リビエラは立派な100メートルの耐水性を提供します。

速報!2021年 IWCの中で一番人気

IWC 偽物 パイロット・ウォッチ・クロノグラフ・トップガン “SFTI” IW510506

图片描述

サイズ | カラー | 素材
IWC 偽物 パイロット・ウォッチ・クロノグラフ・トップガン “SFTI” IW510506

ビッグ・パイロット・ウォッチ・ビッグデイト・スピットファイア “ミッション・アコンプリッシュド”
Ref:IW510506
ケース径:46.2mm
ケース厚:15.2mm
ケース素材:ブロンズケース
防水性:6気圧
ストラップ:ブラウンカーフスキン
ムーブメント:手巻き、自社製Cal.59235、毎時28,800振動、30石、8日間(192時間)パワーリザーブ
仕様:時・分表示、秒針停止機能付きスモールセコンド、ビッグデイト表示、ケースバックにパワーリザーブ表示と“SILVER SPITFIRE THE LONGEST FLIGHT”の刻印
限定:世界限定500本

既存のシルバー、ブラック、ブルーダイアルに加えて新たにバーガンディカラーが登場した「ポルトギーゼ・オートマティック」。6時にカレンダー、9時に秒針停止機能付きスモールセコンド、3時には7日間(168時間)パワーリザーブ表示計を配置。直径42.3mm、厚さ14.2mmのケースは従来を継承するが、ここに自社製自動巻きムーブメントCal.52010を搭載した。当機は酸化ジルコニウムセラミック製パーツで構成されるペラトン機構を装備し、7日間のロングパワーリザーブを確保するため二重香箱を配置。なお、18Kレッドゴールドケース&ブルーダイアルのブティック限定モデルも用意。

カルティエ腕時計のオークションとコレクション

カルティエスーパーコピー. カルティエコピー、弊社は最高品質N級品のカルティエスーパーコピーブランド時計取扱っています。

ページ移動