記事一覧

世界最大の時計メーカーであるスウォッチ・グループが所有する時計ブランドは、過去10年以上にわたって比較的安定した価格を維持している。

ロンジン、ラドー、ミドー、サーチナ、ハミルトンはいずれも親であるコングロマリットの巨大なスケールメリットの恩恵を受けており、インフレなどの外部市場圧力にうまく耐えることができる。セイコーも似たようなものだ。グランドセイコーブランドの拡大とともに、セイコーの中核企業も過去10年間に大規模な高級化を進めてきた。セイコーの平均的な新作は、私たちが長い間日本の時計メーカーと結びつけてきた数十万円台ではなく、百万円台前半になるような気がしている。しかし、価格が若干上がったとはいえ、セイコーのほぼすべての時計に見られる品質と価値の比率は、同価格帯のほとんどの他社製の新作を凌駕している。

グランドセイコー 9Sメカニカルコピー メカニカルハイビート36000 SBGH273

日本特有の季節の移ろいをダイヤルで表現したモデル
1967年に発売されたグランドセイコー史上初の自動巻機械式モデル「62GS」を現代的にアレンジした「62GS現代デザインモデル」をベースとし、日本特有の季節の移ろいをダイヤルで表現したモデルです。

二十四節気の一つ「秋分」のころの澄んだ夜空の美しい情景を切り取ったかのようなダイヤルが特徴です。深い藍色のダイヤルの中で際立つ金色のGSロゴと秒針によって、夜空と月のコントラストが美しい月夜のようなモデルになっています。
ムーブメントは、「グランドセイコースタジオ 雫石」で熟練の匠の技によって組み立てられた10振動のメカニカル・キャリバー9S85を搭載しています。

外装:ステンレス
ガラス材質:ボックス型サファイア
コーティング:内面無反射コーティング
ケースサイズ:横 40mm × 厚さ 12.9mm
腕周り長さ(最長):190mm
中留:ワンプッシュ三つ折れ方式

かつてミドルクラスに属していたスーパーコピー時計メーカーには、変化が早く訪れた-スイスの時計産業で採用されている“Less Is More(過ぎたるは及ばざるがごとし)”の成功例に照らすと、多くの長年の時計コレクターや愛好家が、付加価値重視の機械式時計の長期的な将来について悲観的になるのも理解できるだろう。

しかし、私の見方は異なる。ミドルレンジの時計産業には、かつてないほど多くの企業が参入し、世界中から多様で幅広い時計学の視点がもたらされていると思うからだ。同時に、ここ数年、魅力的で手頃な価格の高級機械式ムーブメントが時計市場に参入してきており、このことは、これまで以上に品質対価値の比率をより高めることにつながるはずだ。

コメント一覧

女友達 誕生日プレゼント URL 2022年09月22日(木)19時45分 編集・削除

【2022】女友達が喜ぶ人気誕生日プレゼント特集!

女友達 誕生日プレゼント URL 2022年09月29日(木)10時34分 編集・削除

【2022】女友達が喜ぶ人気誕生日プレゼント特集!

40代女性 ちょっとした URL 2022年09月30日(金)02時14分 編集・削除

40代女性に喜ばれる選び方ポイントや予算についても解説するで

5万円 プレゼント URL 2022年09月30日(金)17時51分 編集・削除

予算5万円前後で購入できる、高級感あふれるプレゼントをご紹介します!

女友達 誕生日プレゼント URL 2022年10月06日(木)10時15分 編集・削除

【2022】女友達が喜ぶ人気誕生日プレゼント特集!