記事一覧

見るたびに心が躍るような、ワクワクするような時計を私は手にしたかったのだ。

しかし、それはほぼ900ドルだった。さて、この控えめな姿に声を出して笑う人も少なくないと思う。なかには転びそうになりながら、パネライのルミノールやブルガリのジェラルド・ジェンタ50周年記念プラチナ・エディションという重石を掴んで自分を支えるしかなかった人もいることだろう。しかし、これは私の収入に占める割合が少なくないし、実際、1ヵ月に使う金額で非常に大きな割合を占めることになるので、私は買わなかった。

しかし、まともでそこそこ面白く、まったく不真面目ではなく、しかも非常にリーズナブルな価格の時計を購入した。1969年製のLuch、これも機械式で、赤い秒針以外は黒一色だった。1ヵ月ほど使ってみるとその時点では少し好きになった程度で、“感動”という言葉では表現しきれないほど。一番いいときは「かなりカッコいい」と思い、そうでもないときは「ちょっと物足りない」と思ってしまうのだった。

ロレックス2020新作 ロレックス偽物 サブマリーナーデイト 126613LN

2020年発表の新世代モデル【126613LN オイスターパーペチュアル サブマリーナーデイト】。

ケースサイズを1mmアップの41mmに設定し、逆回転防止ベゼルには耐久性に優れたセラクロムベゼルインサートを備えます。また、前モデルのがっしりとしたラグは、強靭性は残したままスマートなデザインに変更されました。

インデックスと針に塗布されたクロマライト・ディスプレイは、暗闇の深海においても高い視認性が確保されます。

ムーブメントには耐衝撃性に優れたブルーパラクロム・ヘアスプリングを備えた70時間パワーリザーブの自社製自動巻きキャリバー3235を搭載します。

この時点で、旅を始めて4、5ヵ月、私はもっと時計を見るようになっていた。欲は出てきたが、冷静になろうとした。私は随分この界隈に近づいてきたのだ。さて、私が本当に欲しいもの(欲しいし、実際に多分決めきれる)は、古いロレックスのデイトジャスト、またはユーズドのレベルソ、またはカルティエ タンク、またはより能天気な気分で、ウブロ ビッグ・バン トゥッティ・フルッティ。48個のピンクサファイアバゲットと6個のチタン製スクリューを配したベゼルには、誰もが魅了されることだろう。

おそらく、あなたはできる。たぶん、これが私たちの違いなのだろう。でも、トゥッティ・フルッティのことを考えるのに時間がかかりすぎたわ。

そんなとき、突然、1990年代のカルティエのタンクフランセーズが降ってきたのです。ずっとというわけではなく、1ヵ月だけ、なんとか3ヵ月くらいに引き伸ばしたのだが、手首を見るたびに、自分も世の中も少しはマシになったような気がした。また、幼い頃、ずっと欲しかったカルティエのタンクを、今、「持っている」のだ。興味深いことに、この実験によってふたつのことが明らかになった。特にクォーツムーブメントを搭載したタンクは、私にとってベーシックすぎた。私は時計の専門家ではないけれど、もし自分がタイムキーピング村にいたら、「Quartz is Cheating」という看板を目印に行くだろうとは思っている。

とにかく、1万2000ドルのカルティエを素晴らしいコンディションで手に入れた私に、いったい誰が文句を言えるというのだろう。そして、この時計を身につけたら、もう二度と本物の時計以外では満足できない、少なくとも懐には肉が入るような時計でなければと思うようになった。このスリルを知らないなんて、本当にお金持ちの人はかわいそう。いつか彼らがそれを学びますように。

コメント一覧