記事一覧

ジャケ・ドロー ラブィング・バタフライ・オートマトン 命が吹き込まれた腕時計

数百年前のロボットにインスパイアされたオートマトン・ウォッチ。

ヌーシャテル州にある同名の湖の北岸に位置するヌーシャテルを訪れたならば、青く深い湖の対岸を見渡せるホテルに宿泊し、湖の背後にある坂道を登って有名な城を訪れてみよう。時計好きの方には見逃せないのが美術・歴史博物館「Musée d'Art et de Histoire」だ。館内には、モネやピサロなど驚くほど豊富なコレクションがある。スイスのジュラ地方にある美術館としては意外ではないが、時計の展示もある。しかし、できれば時間を作ってでも見て欲しいのが、18世紀半ばにジャケ・ドロー家が製作した3つのオートマトン(からくり時計)だ。

图片描述

3つのオートマタ(=からくり)はそれぞれ「作家」「音楽家」「画家」と呼ばれ、20世紀初頭に博物館が入手して以来、常に駆動できる状態に保たれている。現代のコンピュータの遠い祖先であるこれらのオートマタは、互換性のある一連のカムを介してさまざまな動作をプログラムすることができる。特に「作家」はさまざまな文字が書けるように、そして「画家」は数種類の絵が描けるようにプログラムされている。

 見ているとちょっと気味が悪い。この博物館では毎日実演が行われており(少なくとも私が最後に行った3年ほど前は毎日行われていたが、現在はすべて休止されている)、そこでそれらのパフォーマンスを見ることができ、開いた背中(そう、彼らはシースルーバックなのだ)から、レバーと連動する回転カムの機構などを覗くこともできる。彼らの固まった陶器人形のような表情は動作の生き生きとした動作とは対照的で、機械のなかにある種の精神があり、それが彼らを動かしていると想像してしまうのだ。ピエール-ジャケ・ドローが魔術師として非難されそうになったことも合点がいくだろう。

コメント一覧

ファッション情報 Eメール URL 2021年07月02日(金)10時26分 編集・削除

流行のファッションや最新のコレクション情報、時計、話題のおしゃれスポット、注目のイベントなどといった最新トレンド情報をお届けします。url:https://www.youtube.com/channel/UCgiGMTdq2S36RV8PnXK5rCg