2006年04月27日

ポポラの運営法人を公募

spopola.jpg

都筑区は先ごろ、市が進める次世代育成支援行動計画「かがやけ横浜子どもプラン」において、センター北駅前あいたい内にある都筑区子育て支援センターPopola(ポポラ)を区の子育て支援拠点に決定。運営法人を公募している。
 地域子育て支援拠点は、市が同プランで、平成21年度までに各区に一ヵ所の設置を計画している。子育て中の家庭や、子育て支援者などのための交流スペースとなる予定だ。運営は区が公募し、法人委託となる。選考には区内の各団体から選出した委員でなる委員会を設置し、6月上旬ごろから選考を開始する。
 事業実施にあたり、都筑区では運営法人を募集。説明会は5月8日(月)、区役所6階で15時から開催される。募集要項など詳細は、保健福祉センターこども家庭支援担当(筍娃苅機Γ坑苅検Γ横械隠検法

投稿者 headline : 07:00 | コメント (0)

セン南祭に中高生バンド多数

sennan2.jpg


毎年恒例となった、センター南の春まつり〜みんなのこい みんなこい〜がセンター南駅前「すきっぷ広場」で4月29日と30日に行われる。主催はセンター南商業地区振興会。10時〜15時まで。区民から募集した、すきっぷ広場を泳ぐ鯉のぼりは壮観だ。
今回は昨年の「つづきミュージックバトル」に参加した中高生のバンドがステージに多数出演する。
オーバードライブ(元Apples)/THE LEAKS/Straw Baby's/倉知真太郎/ロベッシャータ/Bin Bico Bin2/☆WOW☆/q12と8バンド。午前中10時からのステージとなる。TEEN達の元気いっぱいのステージが期待できる。

(写真は以前のセンター南の春まつりのようす)

投稿者 headline : 07:00 | コメント (0)

つづきっこまつり 5月2日から

子どもたちのための活動をしている区内の団体の交流、アピールの場となるつづきっこまつりが開催される。「つづきっこまつり」は子どもたちのためのおまつり。

以下都筑区役所HPより・・・
実施内容
子どもの生活パネル展〜子どもに関する情報の展示・ 子どもからのメッセージ
5月2日(火)〜14日(日)、区総合庁舎区民ホール
チャリティー子ども模擬店&スポーツコーナー
5月14日(日)午前11時〜午後2時、区総合庁舎前広場
おはなし広場〜お話の読み聞かせや紙芝居
5月14日(日)午前11時〜午後2時、 区総合庁舎区民ホール
問合せ 。(北部児童相談所) 電話:045-948-2441 ファクシミリ:045-948-2452

投稿者 headline : 07:00 | コメント (0)

2006年04月20日

乳銀杏の古木 住民ら見守る

ichou.jpg

 川和町の上サ(カサ)会館そばにある巨大なイチョウの木。「乳の出ない女性がイチョウの乳部分を削ってせんじて飲めば、乳が出るようになる」という伝説があり、かつては多くの女性たちが訪れた。住民たちは「地域のシンボル的存在のイチョウを守っていきたい」と、30年近く前に台風で幹が折れ、民家の塀が壊れた時にも、懸命な大手術を行い、イチョウの命を守った。


 イチョウの幹周は、8.5mの太さ。幹が折れる前は30mの高さがあったという。冬に見ると枯死しているかのように見えるが、夏には枝が4〜8m伸び、葉がつく。辺りが暗くならないよう、毎年12月には住民らによって「枝落とし」が行われている。
 樹齢は推定400年とされているが「他のイチョウの木を見ていると、樹齢400年といわれている幹よりも、こちらの方が太い。実際は樹齢600年くらいなのでは」とは川和町で長く教科書の供給所を営む前田陽康さん(86歳)。
 イチョウの木には、銀杏のなる雄木と樹液を流す乳を持つ雌木がある。川和の乳イチョウ
はその伝説
から、かつては遠くから乳の出ない母親がやってきていた。5〜6年前にも、東京都練馬の方からおばあさんと娘さんがやってきたという。
 昭和54年10月19日、台風でイチョウの木が民家とその塀に倒れ落ちた。一部の住民からは「(イチョウの木を)切ってしまえば」という声もあった。が、前田さんは「カサ(川和町内6地区のうち1つの地域名)の人々が守ってきたから、この大木がある。私たちも守っていくべきじゃないか」と発言した。横浜市へ申請し、約100万円の費用を獲得。鉄骨で足場を組んで幹を支え、枝にはワイヤーを巻いた。太い幹と短い枝、背が低いのが良いとされる盆栽をイメージしたという。
 住民たちが大事にしてきた大木だが、最近ではイチョウの乳も枯れてきてしまい、命の心配がされている。「シンボル的な存在だから、できれば残していきたいです」と地区長の城所光男さん(66歳)は話している。(タウンニュース都筑区版) 

投稿者 headline : 07:00 | コメント (0)

区内タケノコ堀り情報

takenoko1.jpg

4月22日山崎公園愛護会による竹林整備のためのタケノコ掘りが午前中にある。
詳しくは山崎公園の掲示板をみて。
4月23日鴨池公園愛護会による竹林整備のためのタケノコ掘りが午前中にある。
詳しくは鴨池公園の掲示板をみて。

都筑中央公園自然体験施設 タケノコ掘り(里山倶楽部HP
4月29日(土・祝)午前10時〜正午、参加費300円。22日までに行事名・氏名・電話・住所を書いて、tsuzuki-park@tmtv.ne.jpまで多数抽選。

(写真は以前の竹の子堀りイベントでのようす・イメージ写真です)

投稿者 headline : 07:00 | コメント (0)

都筑の五山めぐるイベント

「都筑の緑道ウオッチング」シリーズ 第5弾「つづき五山」めぐりが港北ニュータウン緑の会(担当「早渕川ファンクラブ」)主催で行われる。ガイド付き無料。4月29日(土・祝)市営地下鉄センタ−南駅改札口に10時集合。13時終了予定。雨天中止。弁当持参のこと。1ヶ月前に完成した「みなきたウォーク」(市営地下鉄センター南駅と北駅の間を結ぶ歩行者専用道路)から良く見えるこんもりした森が「つづき五山」。(茅ヶ崎城址公園、大塚・歳勝土公園、吾妻山公園、八幡山公園、都筑中央公園)連絡先は港北ニュータウン緑の会(担当「早渕川ファンクラブ」)福富 080−5524−6091

今回特別に許可を得て、普段入ることのできない整備中の茅ヶ崎城址公園の中の空掘りや土塁を見ることができる。

投稿者 headline : 07:00 | コメント (0)

2006年04月13日

新たに小学校2校で給食民間委託

川和東小学校(森恵子校長)と東山田小学校(下中村哲郎校長)が今月10日よ
り、給食の調理業務民間委託を開始した。区内では昨年度から始めた茅ケ崎東小
学校に続き3校目になる。
 民間委託は、学校給食を効果的・効率的に運営する観点から、現在横浜市が押
し進めているもの。昨年度から23校で実施されていて、今年度からは新たに22校
が加わり、計45校になった。

投稿者 headline : 07:00 | コメント (0)

元NHK手嶋龍一さん招き後援会

元NHKワシントン支局長・手島龍一さんの特別講演会が、4月15日(土)午
後2時から4時にワーク中川(中川2丁目8番26号※中川駅から徒歩3分)で開
催される。
 主催は神奈川県議会議員・しきだ博昭事務所(TEL045・914・6588、
FAX045・914・6587、hiro@shikida-hiroaki.com)。定員70名。
 手島さんは1949年北海道生まれ。NHK所属時はブッシュ大統領らへの単
独インタビューをはじめ、9月11日の同時多発テロ事件では11日連続の24時間中
継放送を担当。独立後は外交ジャーナリスト・作家として活躍している。
 参加費は一人1000円(飲み物・飲食代を含む)。希望者はしきだ博昭事務
所まで。

投稿者 headline : 07:00 | コメント (0)

「現代病」テーマに地元医師3人が講演

気管支喘息や腎臓・糖尿病、骨粗しょう症など「現代病」の予防をテーマに、
地域医療に取り組む3人の医師が5月27日に都筑公会堂で講演会を行う。
講演会を主催するのは都筑区医師会。身近な病気と医療について分かりやすく
解説することで「予防」の意識を高めようと企画した。
 講師を務めるのは昭和大学横浜市北部病院呼吸器センターの中島宏昭教授、伊
藤内科の伊藤正吾院長、仲町台さいとう整形外科の齋藤清人院長ら、都筑区内で
医療に取り組む医師3人。
 それぞれ専門分野をテーマに、「気管支喘息」「腎臓と糖尿病」「骨粗しょう
症」の解説・予防などについて語る。
 都筑区医師会では、これまでも毎年講演会を実施してきたが、講師役は外部へ
依頼することが多かったという。今回、講師役に「現場の医師」を配した背景に
は、誰もがかかり得る病気を「地元のお医者さん」が語ることで、より地域に即
した講演をしたいとの思いがある。
 講師の一人、齋藤院長は「医者は(治療への)道を示すことができるが、どの
道を選び、歩くかは自分(患者)次第」と話し、まずはさまざまな情報の中から
病気についての《正しい知識》を得ることが大切との認識を示した。
 第1回・市民医学講演会は5月27日(土)13時から。参加申し込みは往復はがきに「医師会講演参加希望」と明記のうえ
住所・氏名・年齢・電話番号を併記し、都筑区医師会事務局まで郵送で申し込ん
でください(要1人1枚)。5月15日必着※応募多数の場合は先着順とします
《宛先》 〒224―0015 横浜市都筑区牛久保西1―23―4  都筑区
医師会事務局 宛

投稿者 headline : 07:00 | コメント (0)

2006年04月06日

「みなきたウォーク」が開通

minakita.jpg

 センター南駅〜センター北駅区間を結ぶ「みなきたウォーク」が3月31日に開通した。正式名称は歩行者・自転車専用道路「港北ニュータウン14号線」。
 市営地下鉄3号線・4号線の高架下を利用して整備された。港北ニュータウン中央地区を縦断するように、茅ケ崎中央から中川中央一丁目までの区間・総延長790m。うち今回開通したのは640mに及ぶ。標準幅員8mでレンガが敷きつめられている。
 開通当日は、のんびり風景を楽しみながら歩く夫婦や親子の姿が見られた。

投稿者 headline : 07:00 | コメント (0)

山田富士公園でさくら祭り

yamadahuji.jpg

山田冨士公園で4月8日、9日二日間にわたって、12時から夜20時までさくら祭りが行われる。
土曜日は、飲食店の出店とフリマのみ、日曜日は、それに加えて12時から16時半まで子供たちの演奏や和太鼓のステージ予定している。FC選手のサイン会なども日曜に行われる。
問い合わせメールアドレスはinfo@netgear.co.jp(山口さんまで)

写真は山田富士公園のサクラのようす(都筑区役所HP都筑の魅力探検隊・緑道へようこそより

投稿者 headline : 07:00 | コメント (0)

市立保育所5園で一時保育を開始

 都筑区内の市立保育所5園で、4月から一時保育の受け入れを開始した。実施保育園は大熊・みどり・茅ケ崎・中川西・茅ケ崎南の5園。
 各園とも1日4人まで、利用時間は平日8時半から16時半となる(※祝日・年末年始は除く)。
 対象となる児童は生後6カ月から就学前まで。保護者が入院・通院する、就労(週3日程度)で家庭における保育が断続的に困難となる、リフレッシュが必要な場合などに限り受け入れが可能となる。利用料金は3歳未満が1日2400円(半日は1200円)、3歳以上が1日1300円(700円)。昼食・おやつ代は別途。
 なお利用には事前の登録が必要。登録用紙は各保育園・子育て支援センター『ポポラ』・都筑区役所サービス課で配布している。利用を希望する保育園へ連絡のうえ、子どもと一緒に来園を。
 各保育所の連絡先は以下の通り。(※市外局番はすべて045)
大熊保育園=TEL942・9884 みどり保育園=TEL941・3748 茅ケ崎保育園=TEL941・2172 中川西保育園=TEL913・2060 茅ヶ崎南保育園=TEL943・0981

投稿者 headline : 07:00 | コメント (0)