HOME検索
つづきの日々の情報を発信しています

名前
題名

内容
画像1
画像2
画像3
画像4
修正キー (英数8文字以内)

 秋晴れのなか脱穀作業  濱ちゃん  2021年9月23日(木) 18:31
修正
9月23日(木:祝日)秋晴れには違いないが、真夏に戻ったような暑さのなか、同月の12日(日)に稲刈りと稲架掛が行われてから、12日目にあたる「秋分の日」に同メンバーの中で約14名の親子の皆さんが集い、脱穀作業が行われていた。
今回は、昼近くだったのでお母さん方が買い出しに行き、お父さんは稲を運んだり、脱穀やお米を袋に詰めたり、休む暇なく作業を継続していた。
一方お子さんたちは前回同様、作業の横にあるテントでゲームを楽しんでいた。日本に残る、この光景はのどかで微笑ましい。
そして、買い出しを終えたお母さんから昼食前に、筆者を含めステックタイプのアイスを全員に振舞ってくれた。真夏の暑さだったので美味しかった〜!ごちそうになりました。
楽しい昼食が始まると、子供たちはおにぎりをおいしそうに頬張っていた。
取れたお米は、お米屋さんで精米し玄米か白米にするそうだ。
     *写真をクリックすると大きくご覧になれます。

 第23回 都筑写真倶楽部 写真展  濱ちゃん  2021年9月14日(火) 23:39
修正
第23回 都筑写真倶楽部 写真展がアートフォーラムあざみ野(市民ギャラリー)で、2021年9月14日(火)〜20日(月)まで行われている。

自由作品、課題作品 <都筑の歩道橋>、四人コーナー別に約80点の作品が展示されていた。
風景をはじめ、スポーツや花、ライブショー。都筑区内にある歩道橋を課題テーマにした作品。
そして一人10点〜13点を展示する四人コーナーでは、横浜の見どころ10か所の景観。東京下町の路地裏の暮らしの様子をシリーズで紹介した作品。関東地方の滝を紹介した作品や、水の旅をテーマに一滴の水が川に注がれ、人や生き物と触れ合いながら大海に向かって流れていくストーリーとなっていた。
どのコーナーも会員一人一人の写真に対する情熱を感じる作品となっていた。
コロナ禍であるが、会場はコロナ対策を施した会場構成となっていた。

時間:10時〜17時 (初日13時から、最終日16時まで)
会場 : アートフォーラムあざみ野
     ( 横浜市民ギャラリ−あざみ野 2階 )

*写真をクリックすると大きくご覧になれます。

 瑞穂の国  HARUKO  2021年9月13日(月) 9:33
修正
濱ちゃんと同じ日に少し時間は違いましたが、私も同じ場所に
黄金色の稲穂、きれいでしたね。

4番目の写真は濱ちゃんの写真と同じ子供みたいね

 仲間たちと昔ながらの稲刈り  濱ちゃん  2021年9月13日(月) 0:28
修正
9月12日(日)荏田東町にある中崎橋近くの畑では、稲刈りが始まっていた。畑の地主さんから借り受けて、子供つながりの知人、友人の皆さん約30名近い人が、機械を使わず、無農薬で昔ながらの田植えをし、実りの秋を迎えた今日、家族を入れて16名ほど稲刈りで集まっていたようだ。
鎌を使って、黙々と作業に取り組んでいた。
若い人たちなので、小さなお子さん連れで、子供たちは周りでスマホでゲームをしたり、おねえちゃんは、お母さんと稲の束を運んだり、稲架掛のお手伝いをしていた。
昼を過ぎてから立ち寄ったので、さぞお弁当を食べているときは、にぎゃかで、微笑ましい昔の風情を感じる光景だったのではと思い、写真に撮れず残念に思った。
稲架掛された稲は、約2週間ばかり太陽の恵みを受け、より美味しいお米になったら、脱穀を行うようである。にぎやかな光景が目に浮かぶ。

 星空のコンサート   mikan  2021年8月28日(土) 21:18
修正
星空のコンサート | DREAM of CLASSIC
https://hoshicon.webyoko.com/
(2) 星空のコンサート2021【無料配信】 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=RNEFAUA_chY

 晩夏に浮かぶ虹  濱ちゃん  2021年8月19日(木) 23:12
修正
2021年8月19日(木)明け方5時頃、東の空に浮かぶ太陽は、赤みを帯びた色から、いつもの輝きである白っぽい色になっていた。
一方西の空に浮かぶ雲は、朝焼けの赤みを少し残していた。
いつ雨が降ったかわからないが、西空の雲を背景に少しづつ虹が現れ始め、数分の内に、ダブルリングの虹の輪が浮かんだ。
TVでも西の空に浮かぶダブルリングの虹を放映していた。
朝早かったので、どれくらいの人が気が付いたでだろうか?
幸運にもスマホと一眼レフとで、その光景をおさめることが出来た。

 国際プールのおもてなし  HARUKO  2021年8月3日(火) 22:04
修正
国際プールはイギリスの水泳チームの事前合宿の場でした。

でも残念ながら交流はなく、国際プールの職員(受付の人)も「私たちも一度も姿を見ていないんです。裏口から出入りしてすぐバスに乗っているらしい」と言ってました。バブルがうまくいってるんですね。

でも北山田駅のマンホールはGOGB2020となってました。長い階段にも。
でも彼らがこれを目にすることはなかったようです

 身近な花の移ろい  濱ちゃん  2021年7月29日(木) 22:30
修正
畑や緑道にはご覧の向日葵、オニユリが咲いていたり、コキアを植えている所もあり、行通う人たちの目を楽しませてくれています。

コキアの和名はホウキギで、春まき一年草です。
ライムグリーンのコキアは、丸々とした形がとても可愛らしく、園芸店でも人気のようです。
成長とともに大きさや色を変えていき、緑のコキアは9月下旬から10月上旬頃にかけて、夏の緑色から少しずつ紅葉し始め、真っ赤なコキアに色の移ろいを楽しめます。
日本各地にコキアの名所がありますが、もっとも有名なのは、茨城県の「国営ひたち海浜公園」ではないでしょうか。

        *写真をクリックすると大きくご覧になれます。

 都筑区の茅ケ崎公園のプール開き  濱ちゃん  2021年7月11日(日) 21:47
修正
昨年はコロナ禍でプール開きは中止であった。
今年は現在コロナのまん延防止が続いてはいるが、緑に囲まれ屋外と言うこともあってか、茅ケ崎公園内ある円形プールでは、2021年7月10日(土)〜9月5日(日)までプールがオープンとなっている。
但し、コロナ禍であるため利用が以前のようにフリーに入場できるわけではなく、時間帯ごとの入場者数制限と完全入替制となっている。

7月11日(日)は朝から太陽が出ており、気温もかなり高いこともあり、親子連れで久々のプール遊びを大いに満喫していたようだ。
施設にはウォータースライダーもあり、子供たちにとっては、滑り台に流れる水と共にスリリングな雰囲気を味わえるようで人気だ。

◆期間中は無休。<但し、悪天候や低水温、施設メンテナンス等により、休場する場合もある>

◆開場時間:円形プール 9:00〜18:00

◆利用方法は、朝8:45分に1部〜4部までの整理券を配付。時間帯入場人数の上限(約80人)を設ける
とともに、原則1日4部制とし、2時間を標準として時間帯ごとの完全入替制。
1部(9:00〜11:00)・2部(11:20〜13:20)・3部(13:40〜15:40)・4部(16:00〜18:00)

  *写真をクリックすると大きくご覧になれます

 都筑民家園の七夕まつり  濱ちゃん  2021年7月6日(火) 18:30
修正
センター北駅から徒歩で5〜6分ほどの所にあり、緑に囲まれた「都筑民家園」では、7月7日(水 9:00〜16:30)まで「七夕まつり」を開催している。
入場は無料で、会場にはカラフルな短冊が用意されていて、来場者の方が思い思いの「願い事」をしたため、竹の枝に吊るすことができる。6日現在で約320枚ほどの願い事が吊るされおり、とても彩もよく民家園にピッタリの雰囲気を醸し出しているようだった。
梅雨の真っただ中のため来園者が少し少なかったが、七夕飾りを背景に浴衣姿のお子様を、熱心に撮っていた母親の姿もあった。
  
   *クリックすると大きくご覧になれます。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43  過去ログ全 430件 [管理]
CGI-design