HOME検索
つづきの日々の情報を発信しています

名前
題名

内容
画像1
画像2
画像3
画像4
修正キー (英数8文字以内)

 「市民の森」の展示  ふくちゃん  2022年5月6日(金) 18:09
修正
いま都筑区役所の区民ホールで「市民の森」の展示が行なわれています。

 可愛いゴミ収集車  -shiba-  2022年5月4日(水) 20:02
修正
こんな可愛いゴミ収集車が走っていました。

      川和台交差点付近にて    2022.05.3 -shiba-

 第19回 つづき写遊会「写真展」   濱ちゃん  2022年4月26日(火) 21:59
修正
第19回つづき写遊会「写真展」が、令和4年4月26日(火)〜5月2日(月)まで、あざみ野にあるアートフォーラムあざみ野(横浜市民ギャラリー2F)において行われている。
現在もコロナ禍の中にありその影響は、昨年とさほど変わってはいないが、
写真展の開催を待ち望んでいる写真愛好家やその友人のみなさんが、初日の開催時間帯には会場が狭く感じるほど、大勢の来場者で溢れていた。

会員一人につき自由作品3点の「組写真」と「水」をテーマとした課題作品1点、そして新たに「私の好きな1枚」で構成され、全65点が展示されていた。
作品は、桜や鳥、風景、みちのくの冬、スーパームーンなど見る人の心を癒してくれる写真展となっている。

◆写真展の概要
期  間:4月26日(火)〜5月2日(月)  
時  間:10:00〜17:00(最終日は16:30まで)
出展者:青木恒男・赤澤恭一・小澤和夫・河村陽子・今朝丸卓史・佐藤宇沙代・白川治子・豊田美徳枝・中谷博明・長澤 勇・堀越武政・吉田喜代司・吉村田鶴子(敬称略)13名
会  場:アートフォーラムあざみ野(東急田園都市線 あざみ野駅東口より徒歩5分)

  *画像をクリックすると大きくご覧になれます。

 つづじとメタセコイヤ並木  -shiba-  2022年4月26日(火) 21:24
修正
初夏のような陽光を浴びて、真っ白いつつじが満開で、その向こうには新緑のメタセコイヤの並木とのコントラストが目に染みます。
    
              2022.04.26 -shiba-

 川和富士に泳ぐ鯉のぼり  -shiba-  2022年4月26日(火) 21:06
修正
気温の変動が酷い今日この頃間もなく間もなく風薫る五月となります。
ここ、新緑の川和富士公園では早くも鯉のぼりが上がり、青空に大きく泳いでいます。
近年になって、毎年この時期になるとこの場所で鯉のぼりが泳ぐ風景が見られますが、端午の節句に鯉のぼりは日本の風物詩で、いつまで続いて欲しいものです。
どなたが上げているのか、鯉のぼりは全部真っさらです。その人に感謝です。
新緑に鯉のぼり、公園を訪れる人の目を楽しませてくれるでしょう。

               2022.04.26 午後   -shiba-
           

 花の名は?  -shiba-  2022年4月22日(金) 21:40
修正
月出松公園では、4月も末になっても満開の桜が3本(種類)あります。その名は何という桜でしょうか?

また、深紅の椿に似た花は何という花か?グーグルレンズでも名前が出ません。細長い白い花は、グーグルレンズによると、トキワマンサクとありました。

       月出松公園&その界隈   2022.04.22


 サークル展  ふくちゃん  2022年4月19日(火) 23:19
修正
いま都筑区役所総合庁舎の都筑区民ホールで、「みんなの笑顔があふれる町に」と題して「サークル展」が開催されています。楽しい展示が一杯です。

 花開く川和富士  -shiba-  2022年4月9日(土) 17:21
修正
花開き、みどりなす若草萌える川和富士公園の昼さがり、眠気をさそう程のうららかな陽射しです。富士塚の頂から子ども等の元気な声が下りてきます。

           川和富士公園にて   2022.04.09 -shiba-  

 せせらぎ公園「古民家」再開  濱ちゃん  2022年4月7日(木) 22:06
修正
せせらぎ公園内にある「古民家」は、令和3年6月29日から施設の改良工事が行われていたが、このほど工事も終わり令和4年4月1日(金)から再開された。横浜市環境創造局 北部公園緑地事務所の担当者へ改良工事の内容についてお聞きした。
◆改良工事とは、どんなことを行いましたか?
(1)舗装の改修
・老朽化した園路の舗装を改修し、緑道との連続性や透水性を確保しました。*「透水性」とは”降った雨の一部が地中にしみこむ効果が期待できる”舗装のこと。
・主屋前は、段差やコンクリート補修跡のある舗装を撤去し、古民家にふさわしい、土の風合いがある舗装に改修しました。
(2)太鼓橋のバリアフリー対応
緑道から入る際に、車いすでも行きやすいように、橋の傾斜を緩くしました。
(3)排水改良
大雨時の長屋門周辺の排水改良のため、側溝や排水管の整備、舗装の透水性を確保などを行いました。
(4)老朽化した施設の更新
裏木戸、ロープ柵、丸太階段、コンクリート平板積護岸、照明器具等を、耐久性や景観性にも配慮した上で更新しました。

  ※古民家そのものの工事は行っていません。

◆運営上の変更点について?
→令和4月から園地を開放しましたが、現地スタッフがいないため、古民家内部の公開は行っておりません。

◆開園時間・休園日などの変更はありますか?。
→以前との変更はありません。
・開園時間:9:00〜17:00
・休園日:第1・3木曜日休み(祝日の場合は翌日が休み,令和4年度は、5月 6日、11月4日が休みです)

◆季節の行事は、今後どのようになっていますか?
→令和4年度は、施設内部の公開・展示・イベントなどはお休みです。

*写真はクリックすると大きくご覧になれます。

 現役とOBによる 写真展  濱ちゃん  2022年3月31日(木) 22:41
修正
この写真展は、都筑写真倶楽部の現役3人とOB2名により、東山田地域ケアプラザ(グリーンライン東山田駅、徒歩3分)にて3月29日(火)〜4月27日(水)まで開催されている。
作品は、明石海峡大橋を大胆なアングルで切り撮ったものや、ライブハウスでの熱唱の写真、自然豊かな信濃の春、炎に包まれながら無病息災を願う迫力のあるシーンなどが展示されており、楽しめる写真展となっている。

*写真をクリックすると大きくご覧になれます。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43  過去ログ全 430件 [管理]
CGI-design