HOMEつづき歴史散歩道投稿検索

 増上寺領   mikan  2017年7月5日(水) 21:22
[修正]
徳川将軍家の菩提寺として芝の増上寺、上野の寛永寺がありますが、どちらも浄土宗のお寺で歴代の将軍の墓所があります。増上寺領として橘樹郡、都筑郡にもありますが、全体で1万3,763石。上野の寛永寺(7870石)位

ちなみに
大和・東大寺(二千石)
大和・西大寺(三百石)
紀伊・高野山(二万石)
大和・興福寺・春日大社(二万石)
筑前・安楽寺天満宮〈太宰府天満宮〉(二千石)
日光山東照宮・大献院廟領一万三千六百石
他の神社、寺に比べて大きな石高となっています。

増上寺領
番号 旧郡名  旧村名   旧領名   旧高
1  豊島郡 大久保新田 増上寺領   6.0
2  豊島郡 巣鴨村   増上寺領  128.9
3  荏原郡 堤方村   増上寺領  351.2
4  荏原郡 馬込村   増上寺領  388.0
5  荏原郡 雪ヶ谷村  増上寺領    3.4
6  荏原郡 中延村   増上寺領  102.2
7  荏原郡 上目黒村  増上寺領    1.1
8  荏原郡 久ヶ原村  増上寺領   156.4
9  荏原郡 等々力村  増上寺領   251.2
10 荏原郡 碑文谷村  増上寺領   20.1
11 荏原郡 御園村   増上寺領   101.2
12 荏原郡 下目黒村  増上寺領   253.6
13 荏原郡 中目黒村  増上寺領   245.2
14 荏原郡 蓮沼村   増上寺領   230.0
15 荏原郡 徳持村   増上寺領   341.4
16 荏原郡 衾村    増上寺領   377.2
17 荏原郡 上北沢村  増上寺領   430.5
18 橘樹郡 師岡村   増上寺領   402.8
19 橘樹郡 上末吉村  増上寺領   471.2
20 橘樹郡 箕輪村   増上寺領   258.9
21 橘樹郡 小向村   増上寺領   175.3
22 橘樹郡 鹿島田村  増上寺領   516.1
23 橘樹郡 塚越村   増上寺領   234.8
24 橘樹郡 古川村   増上寺領    79.3
25 橘樹郡 戸手村   増上寺領   409.1
26 橘樹郡 明津村   増上寺領    73.0
27 橘樹郡 小倉村   増上寺領    96.1
28 橘樹郡 今井村   増上寺領   269.0
29 橘樹郡 市ノ坪村  増上寺領   299.3
30 橘樹郡 北加瀬村  増上寺領   340.9
31 橘樹郡 下平間村  増上寺領   157.2
32 橘樹郡 駒林村   増上寺領   224.7
33 橘樹郡 小杉村   増上寺領   464.8
34 橘樹郡 上小田中村 増上寺領   285.6
35 橘樹郡 下小田中村 増上寺領   333.6
36 橘樹郡 新作村   増上寺領   183.6
37 橘樹郡 上野川村  増上寺領   498.8
38 橘樹郡 下野川村  増上寺領   133.4
39 橘樹郡 坂戸村   増上寺領   331.2
40 橘樹郡 宿河原村  増上寺領   270.3
41 都筑郡 石川村   増上寺領   922.0
42 都筑郡 茅ヶ崎村  増上寺領   293.8
43 都筑郡 東方村   増上寺領   247.5
44 都筑郡 池辺村   増上寺領   303.2
45 都筑郡 川和村   増上寺領   578.4
46 都筑郡 荏田村   増上寺領  1,138.5
47 都筑郡 王禅寺村  増上寺領   383.1
             合計   13,763.2

旧高旧領取調帳
http://www.rekihaku.ac.jp/up-cgi/login.pl?p=param/kyud/db_param

 江戸商人・職人のデータベース  mikan  2017年7月1日(土) 21:03
[修正]
江戸商人・職人のデータベース

江戸買物独案内
江戸買物独案内とは、1824年(文政7年)に大坂で出版された江戸市内の買い物や飲食関連の商店約2600店を紹介するガイドブックである。3巻から成り、上巻と下巻は薬種問屋等の商店名をイロハ順で掲載されている。3巻目(飲食の部)には飲食関係の商店についてが掲載されている。いずれも、商品や商店の名前の他、屋号や住所が書かれている。

諸問屋名前帳
嘉永4年(1851)諸間屋再興以来の諸問屋および商工組合の連名簿で、各その住所を記し実印を捺している。 廃業者または他人に譲渡したもの、新規加入のあった時には書加えて幕末にまでおよんでいる。 記載されたものは株の所有者であるが、必ずしも直接経営者とは限らない。 諸問屋仲間のすべてが網羅されていないので注意する必要がある。

国立国会図書館デジタルコレクション - 江戸買物独案内 2巻付1巻
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/8369320?tocOpened=1
国立国会図書館デジタルコレクション - 諸問屋名前帳 57巻
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2548722?tocOpened=1
国立国会図書館デジタルコレクション
http://dl.ndl.go.jp/

江戸商人・職人データベースの検索
http://www.rekihaku.ac.jp/up-cgi/login.pl?p=param/edos/db_param

 旧都筑郡における相給村落の実態  mikan  2017年6月17日(土) 22:12
[修正]
旧都筑郡における相給村落の実態

相給村落
相給(あいきゅう)とは、村請制が確立した近世期における領地の一形態を表す言葉である。一つの村落に対し複数の領主が割り当てられている状態を指す。村(郷)が分割されたために分郷(ぶんごう)とも言った。都筑郡等は幕府領、寺社領、代官、旗本領などが入り交じっていた。一つの村に複数の領主がおり、名主、庄屋も複数いた。村としての決めごとなどは複数の名主、庄屋の合議性で決めていたようだ。(以外と民主的)加賀藩とか薩摩藩など大きな藩は1つの村を複数の領主という例は少ない。関八州は殆ど相給村落となっている。

(旧高旧領取調帳より)

村名      領地        石高(石)
都筑郡大棚村  松村忠四郎支配所  63.546902
都筑郡大棚村  山本弥左衛門知行  11.551
都筑郡大棚村  原半左衛門知行   45.789951
都筑郡大棚村  中村左京知行    39.130001
都筑郡大棚村  窪田熊五郎知行   33.036629
都筑郡大棚村  河野仲次郎知行   15.66553
都筑郡大棚村  窪田鉄三郎知行   67.105202
都筑郡大棚村  窪田金之助知行   59.200001
都筑郡大棚村  萩原土岐次郎知行  90.699997

都筑郡勝田村  久志本主税知行   254.016006
都筑郡勝田村  杉山社除地 1.36
都筑郡勝田村  最乗寺除地 1.508
都筑郡勝田村  清光寺除地 0.116

都筑郡茅ヶ崎村 野々山新兵衛知行 216.214005
都筑郡茅ヶ崎村 増上寺領 293.824005
都筑郡茅ヶ崎村 正覚寺領 5.1
都筑郡牛久保村 久志本主税知行 186.638184
都筑郡牛久保村 安藤織部知行 35.740082
都筑郡牛久保村 松村忠四郎支配所 35.519001

都筑郡山田村  松村忠四郎支配所  51.599998
都筑郡山田村  志村源十郎知行   377.45871
都筑郡山田村 鈴木邦三郎知行 54.207729
都筑郡山田村 河野仲次郎知行 288.678192
都筑郡山田村 山本弥左衛門知行 240.031601
都筑郡山田村 曾根栄之助知行 88.944389
都筑郡山田村 萩原土岐次郎知行 3.7
都筑郡山田村 窪田銕三郎知行 2.53
都筑郡山田村 中村左京知行 1.3

都筑郡荏田村 増上寺領 1138.531006
都筑郡石川村 増上寺領 921.963013
都筑郡川和村 増上寺領 578.368713
都筑郡王禅寺村 増上寺領 383.102539
都筑郡王禅寺村 王禅寺領 30

旧高旧領取調帳
旧高旧領取調帳(きゅうだかきゅうりょうとりしらべちょう)とは、明治時代初期に政府が各府県に作成させた、江戸時代における日本全国の村落の実情を把握するための台帳である。
取調帳には幕末時点での村名と当時の領主、および明治初期(令制国ごとに基準年にばらつきがある)の各村の石高が記載されており、おおむね慶応年間から明治4年(1871年)頃までの実情を示す史料と見られる。

国立歴史民俗博物館によるデータベース
旧高旧領取調帳
http://www.rekihaku.ac.jp/up-cgi/login.pl?p=param/kyud/db_param
ここに旧国名、旧郡名などを入れて検索すると全国全てに渡って調べることが出来る。

関八州
江戸時代、関東8か国の総称。相模(さがみ)・武蔵(むさし)・安房(あわ)・上総(かずさ)・下総(しもうさ)・常陸(ひたち)・上野(こうずけ)・下野(しもつけ)の8か国。関東八州。

 港北ニュータウン建設発祥の地  mikan  2017年6月4日(日) 18:29
[修正]
港北ニュータウン建設発祥の地

茅ヶ崎町同志会
平成17年3月(2005年)

という碑が杉山神社(都筑中央公園)の鳥居の脇に建っていますが、意図と目的がよくわからない。何の記念か?
発祥の地?


 茅ヶ崎町同志会  mikan  2017年6月5日(月) 16:35 [修正]
碑の裏に書かれてる同志会のメンバー(86名)の子孫の方の話に寄れば、港北ニュータウン建設に反対する中川農協(他の農協も当初は反対が多かった)を、建設賛成に切り替える決心させた同志の集まりです。この碑の建設費は、昭和44年(1969年)、公団施行の土地区画整理事業着手のために、用地先買い手数料を、中川地区分として配布されたものです。その後、平成17年・同志会の解散に当たり、そのお金をすべて、碑の建設費用に充てました。とのこと

 巨大迷路「ランズボローメイズ横浜」  星の王子  2016年3月26日(土) 16:31
[修正]
かつて30年ほど前、港北ニュータウンの供給が始まった頃、巨大迷路があった。当時港北区で昭和62年10月にオープンしている。何度か子供を連れて遊びに行ったことがある。その当時、高速鉄道3号線着工(新横浜〜あざみ野間)したばかりで、鴨池公園が開園したばかりだった。勿論都筑区役所もキ筑警察署もセンター南駅もなかった。当時の地図などを調べて見ると現在の「昭和大学横浜市北部病院」とその周辺だったことが判る。多分2,3年後になくなったと思いますが、正確な年月は不明です

左上1987年 右上1992年 左下2005年 右下現在(国土地理院)

   ハラ  2017年3月1日(水) 21:53 [修正]
1987(昭和62)年10月から1991(平成3)年3月まで

http://hamarepo.com/story.php?story_id=5728&from=http%3A%2F%2Fhamarepo.com%2Fsearch.php%3Fsearch%3D%25E3%2583%25A9%25E3%2583%25B3%25E3%2582%25BA%25E3%2583%259C%25E3%2583%25AD%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25A1%25E3%2582%25A4%25E3%2582%25BA%25E6%25A8%25AA%25E6%25B5%259C%26search_rdo%3D1%26post_type%3Dichioshi%26x%3D6%26y%3D15%26fromStory%3D5728

 RE:巨大迷路「ランズボローメイズ横浜」  星の王子  2017年3月2日(木) 21:56 [修正]
ハラさん、情報ありがとうございます。

 立体巨大迷路「ランズボローメイズ横浜」オープン  mikan  2017年6月5日(月) 16:26 [修正]
昭和62年(1987年)10月立体巨大迷路「ランズボローメイズ横浜」オープン
立体巨大迷路「ランズボローメイズ横浜」は第二地区タウンセンター計画地の一部にオープン。迷路は幅70m、奥行き50m、抜け出すには平均50分程度かかるという。この迷路には広い地域から多くの人々が訪れている。
(港北ニュータウンと共に33年「私の覚書」金子三千男著P183)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
過去ログ全 173件 [管理]
CGI-design