HOMEつづき歴史散歩道投稿検索
このコーナーは、皆さんが作っていくコーナーです。「つづきの歴史」に関係することなら何でも結構。

 江戸時代の貨幣価値と物価表  mikan  2017年10月24日(火) 15:02
[修正]
江戸時代の金額や数値に変換
http://www.teiocollection.com/kansan.htm
江戸時代の貨幣価値と物価表
http://www.teiocollection.com/kakaku.htm

 都筑郡の医師名簿(1921年)  mikan  2017年9月19日(火) 23:41
[修正]
都筑郡の医師名簿(1921年)大正10年

 都筑区の国の重要文化財  mikan  2017年8月9日(水) 14:03
[修正]
国・神奈川県および横浜市指定・登録文化財目録
http://www.city.yokohama.lg.jp/kyoiku/bunkazai/pdf/shiiki-bunkazai20151210.pdf

都筑区の国の重要文化財
1.関家住宅(一般建造物)
2.三浦梅園遺稿(書跡・典籍)

 王禅寺村御用留  mikan  2017年7月30日(日) 22:19
[修正]
書名:王禅寺村御用留 文久四甲子年
  研鑽之足跡第四集
著者:青葉区古文書之会/編
発行所:青葉区古文書之会
発行日:2013/6
ページ:150頁
定価:非売品

書名:王禅寺村御用留 慶応二丙寅年
  研鑽之足跡第五集
著者:青葉区古文書之会/編
発行所:青葉区古文書之会
発行日:2016/7
ページ:168頁
定価:非売品

「御用留」は、江戸時代、領主や代官からの触達などの「御用」が記された廻状を、名主など村役人が書き留めた帳簿です。「御用」の他に、村からの上申文書が控えとして記録されているものもある。文久四甲子年(1864年)、慶応二丙寅年(1866年)の「御用留」を青葉区古文書之会が読み解いたものです。

王禅寺村は現在の川崎市麻生区の村です。近世初期は二代将軍秀忠の正室、崇源院(お江)の化粧料だったと伝えられる。その後1633年に増上寺領御霊屋料になった。383石(旧高旧領取調帳)とある。

上に原文、下に釈文の構成で原文通りの文字数、改行されているので、非常にわかりやすく作ってある。両資料とも「王禅寺村 名主 志村文右衛門」の御用留となっている。幕末の伝達系統、指示系統などが良くわかる資料です。王禅寺村だけではなく、近隣の内容もあって興味深い。

 武蔵国都筑郡村明細帳  mikan  2017年7月20日(木) 20:14
[修正]
書名:武蔵国都筑郡村明細帳
   上中下鉄村 荏田村、恩田村、大棚村、大棚山田村、下谷本村
著者:青葉区古文書之会
発行所:青葉区古文書之会
発行年月日:2003/3
ページ:91頁
定価:非売品

村明細帳とは、主に江戸時代、代官の交代時や大名の移封等のおりに、村役人に命じて村勢の明細を報告させた帳簿です。内容は村高・反別・家数・人別・名産・諸役・寺社・往還・山林・河川・用水・農閑の副業等の詳細に記し、村役人が連署(印)して領主、代官等に提出していた。武蔵国都筑郡の内青葉区に相当する部分及び都筑区の一部の上中下鉄村 荏田村、恩田村、大棚村、大棚山田村、下谷本村の村明細帳です。旧高旧領取調帳より詳しい。
江戸末期、明治1~3年の資料を青葉区古文書之会が釈文にしたものです。原文の古文書と釈文が併記してありわかりやすい資料です。

旧高旧領取調帳
http://www.rekihaku.ac.jp/up-cgi/login.pl?p=param/kyud/db_param

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
過去ログ全 173件 [管理]
CGI-design