つづき交流ステーションへ戻る

正覚寺

天台宗 長窪山 正覚寺(しょうがくじ)

横浜市都筑区茅ケ崎東3-12-1(045-942-3059)
本尊:虚空蔵菩薩

開創年:文禄2年(1593年)

文禄2年(1593年)に「僧快栄上人」が開いたと伝えられています。約400年の歴史をもつこのお寺は天台宗長窪山総泰院正覚寺と称し、200年前に火災で全焼してしまいました。現在の本堂は火災後再建されたものです。今日まで21代の住職が継承してきました。本尊は虚空蔵(こくぞう)菩薩で丑と寅年生まれの守り本尊としても親しまれています。脇本尊としては薬師如来と十二神将が安置され、都筑橘樹十二薬師では7番目の札所。脇本尊は薬師如来様で寅年にご開帳します。最近は2010年にご開扉されました。ご本尊の虚空蔵菩薩様は智慧と福徳円満を授けてくれる仏様です。

この正覚寺は、四季を彩る樹木に囲まれ、閑静な佇まいを見せ、一年中花の絶えることのない花の寺として有名で、6月には花菖蒲と紫陽花が美しく咲き誇ります。紫陽花は石垣の鐘楼の基と墓苑の山際に咲いています。花菖蒲と紫陽花は先代(20代)の住職が植えられたとか。四季を通じて花を楽しませてくれるお寺です。

トイレあり

交通
横浜市営地下鉄センター南駅から歩いて5分のところにあります。

 

ようこそ正覚寺ホームページへ
www11.plala.or.jp/shogakuji/

 

106-0 106-1 106-2 106-3



2004-2016 Copyright(c) つづき交流ステーション All Rights Reserved